ストレスは薄毛の天敵。

抜け毛が多く、髪の毛が薄くなって悩んでいる人は、早いと10代からいるのではないでしょうか。完全につるつるになる前に対策したいものですね。ストレスがたまると頭皮の血管が委縮してしまい、頭皮の血行が悪くなると、髪の毛の成長のための栄養が運ばれなくなり、成長前に抜け落ちてしまいます。それを繰り返していくと、徐々に髪のボリュームがなくなり薄毛になってしまうのです。ストレスは程よい運動で解消することができるので、週に2回程度、汗をかく運動をしましょう。

たべものにも注意しよう。

10代から薄毛の人が増えている原因は食生活にもあります。ひと昔前と比べるとファーストフード店を利用する機会が増えました。また外食する時も肉類を食べるときが多いと思います。そうすると血中の脂質が増えて、どろどろの血が作られてしまい、髪の毛に栄養が届きにくくなってしまいます。きちんと野菜を含めたバランスのとれた食事が望ましいですね。また、豆類の植物系タンパク質をとることも大事です。納豆や豆腐が該当するので食事に取り入れましょう。

不規則な生活はNG。

最近では深夜まで起きている学生が増えています。髪の毛は22時~2時の4時間の間で成長ホルモンの分泌が活発になります。それまでに頭皮を洗髪していないと、皮脂や、整髪料の汚れで髪の毛の成長が妨げられてしまいます。そうすると、髪の毛が徐々に細くなり、抜け落ちて、薄毛になっていまします。夜は0時までには就寝するようにして、規則正しい生活を心がけましょう。軽度な薄毛なら普段の食生活や生活習慣を見直すだけで改善されます。規則正しい生活をして健康になって一石二鳥ですね。

発毛効果が期待できるまでの期間は、人それぞれの頭皮の状態に大きく左右されるため、早期に専門医の診断を受けることが必要です。